PowerCMS™

PowerCMS ブログ

ホーム > PowerCMS ブログ > PowerCMS Conference 2017 エンタープライズ CMS としてさらに進化する P…

2017年12月07日

PowerCMS Conference 2017 エンタープライズ CMS としてさらに進化する PowerCMS 5 のご紹介

2017年12月1日に開催しました PowerCMS Conference 2017 より
PowerCMS の次期バージョン PowerCMS 5 を発表したセッションをレポートします。

発表者は、弊社ソフトウェアソリューション事業部 執行役員の近藤 孝俊です。

まずは直前の様子です。
入念にチェックしています。

アルファサード株式会社 ソフトウェアソリューション事業部 執行役員 近藤 孝俊

ほぼ 100 名のお客様がいらっしゃる、緊張の発表ですからチェックはしてもしたりません。

カンファレンス会場の様子 満席御礼
満席御礼申し上げます。

発表の流れ

PowerCMS を取り巻く状況と寄せられる期待を申し上げまして
もはや、ウェブサイトを制作するだけにとどまらない」CMS と続きます。

NEXT PowerCMS と題して、どのような課題と PowerCMS と向き合うかを語りまして、
新製品名を発表します。

「PowerCMS 5」

はい。メジャーバージョンアップです。
スライドにもあります通り、より積極的なカスタマイズにチャレンジします。
でも、過去バージョンとの互換性を保証したままです。

メジャーバージョンアップに伴い強化、追加される機能をご紹介して、会場の皆様のための実演デモに入りました。

画面デモ

カンファレンスでの画面デモの様子

当日の写真では見えづらいため、ここからは開発中の管理画面のキャプチャと共にお届けします。

レスポンシブ対応 / ドラッグ & ドロップにも対応

レスポンシブ対応になった管理画面

ついに対応します。


メニューの展開も、記事一覧もばっちりです。

画像に適した alt テキストが生成される機能

続いては、開催後のアンケートで反響が大きかった機能です。

画像を記事本文に挿入した際に、画像の内容を API で解析した結果が alt 文言の候補に出てきます。

alt テキストの内容を画像から推測する運用の負荷を軽減できる便利機能です。
※ API の仕様は弊社では触れませんので、作業中におもしろい代替テキストが出る可能性もあります

ところで、こちらの機能は社内でも名称がきまっていません、何か良い名前を付けませんか?

マーケティングツール

VisitorAnalytics プラグインと、MailMagazine プラグインが連動するようになります。

たとえばコメントを投稿されたブログユーザーに絞って、メールを配信したいですとか、
過去に A というページを閲覧された方にメールを配信したいということが可能になります。

そのほかにも多数の機能追加、あるいは強化を実装中です。
使用したスライドもご参照ください。

リリースについて

デベロッパー版は 2018年1月末、リリース予定は 2018年3月中旬です。

互換性がありますので、2018年3月前後がリリース予定の場合でも、PowerCMS 5 へのアップデートを前提とした開発が可能です。

登壇者からのコメント

2007 年のリリース以来、多数のお客さまにご利用いただいている PowerCMS の、4 年ぶりのメジャーアップデートを発表しました。

レスポンシブ対応、アクセシビリティツール、マーケティングツールをはじめとして、より幅広く制作・運用現場をサポートいたします。
また、既存機能の利便性をより高めるためのカスタマイズを盛り込んでいく予定です。大きな進化を遂げる PowerCMS 5 にご期待ください!

記事担当者の感想

後継バージョンがあって良かったなと思います。今まで蓄積された開発知識などはそのまま流用できます。
レスポンシブ対応の管理画面は、触ってみて感動しました。

ただのブログツールが、10年でマーケティングツールの役割までこなすようになることに驚きます。


カテゴリー
PowerCMS 5
イベント・セミナー情報