PowerCMS™

【東京セミナー】6月6日(木) 企業Webリニューアル。最初に押えたい要件定義の進め方と、最新CMSで出来ること

PowerCMS ブログ

ホーム > PowerCMS ブログ > PowerCMS 4.1 の新機能 その1 〜外部プレビュー機能〜

2015年03月27日

PowerCMS 4.1 の新機能 その1 〜外部プレビュー機能〜

先日 PowerCMS 4.1 がリリースされました。このリリースでは Data API 対応、フォーム項目のウェブサイト/ブログ対応と並んで、CMS 外部からのプレビュー機能(ExternalPreview プラグイン)が盛り込まれています。

ExternalPreview プラグインによる外部プレビュー機能では、記事/ウェブページ/リビジョン単位で外部プレビューのための URL を発行し、メールで送信することができます。メールを受けとった人は、本文中の URL をクリックするだけで、CMS へのログインなしにプレビューすることができます。

また、セキュリティ面にも配慮されており、プレビュー URL の有効/無効、また有効期限を設定することができます。

外部プレビューを有効にする

記事編集画面から行う場合

任意の記事/ウェブページ/リビジョン編集画面にアクセスし、「外部からのプレビュー」ウィジェットで「有効」にチェックを入れて保存してください(有効期限を設定したい場合は「有効期限」欄に期限を設定してください)。 保存後に表示される「メール通知」ボタンをクリックすることでメーラーが起動し、任意のメールアドレスに対してプレビュー URL を送信することができます。

記事/ウェブページ/リビジョン一覧から行う場合

任意のウェブサイト/ブログの記事/ウェブページ/リビジョン一覧にアクセスし、外部プレビューを有効にしたいものにチェックを入れて「アクション」メニュー内「外部プレビューを有効化」を実行してください(有効期限の設定を一覧から行うことはできません。)。

有効化が完了したら、同じく記事/ウェブページ/リビジョン一覧で、「表示オプション」内「メール」「有効期限」にチェックを入れ、それぞれの列を表示させてください。「メール」列に表示されるメールアイコンをクリックすることでメーラーが起動し、任意のメールアドレスに対してプレビュー URL を送信することができます。

外部プレビューを無効にする

記事編集画面から行う場合

任意の記事/ウェブページ/リビジョン編集画面にアクセスし、「外部からのプレビュー」ウィジェットで「有効」のチェックを外して保存してください。

記事/ウェブページ/リビジョン一覧から行う場合

記事/ウェブページ/リビジョン一覧にアクセスし、外部プレビューが有効になっているものにチェックを入れて「アクション」メニュー内「外部プレビューを無効化」を実行してください。

有効期限が設定されている場合

「有効期限」経過後の最初の run-periodic-tasks 実行により無効化されます(実行しなくても期限が到来すればプレビューはできなくなりますが、一覧画面、編集画面では有効な状態になっています)。


カテゴリー
PowerCMS 4
プラグイン

Recent Entries