PowerCMS™

【東京セミナー】6月6日(木) 企業Webリニューアル。最初に押えたい要件定義の進め方と、最新CMSで出来ること

PowerCMS ブログ

ホーム > PowerCMS ブログ > スニペッドフィールドを使用したドラッグ&ドロップインターフェイス

2014年06月19日

スニペッドフィールドを使用したドラッグ&ドロップインターフェイス

ドラッグ&ドロップ インターフェイス

予め決められた項目をページごとに選択するインターフェイスとして、ドラッグ&ドロップで並べ替えができる入力欄を作成します。

カスタムフィールドの設定値

名前: (任意)
説明: (任意)
種類: スニペット
オプション: pagedisplayblock(任意)
必須?: (任意)
既定値:

<input type="text" name="<mt:var name="basename" escape="html">" id="<mt:var name="basename" escape="html">" value="<$MTGetVar name="$basename" escape="html"$>" />
<script>
    jQuery(function($) {
        var sortable_value = {
            make_vals: function(init) {
                var $tgt = $(init.target);
                $tgt.hide();
                $tgt.parent().prepend('<div class="sort_vals clf" id="sort_vals-<mt:var name="basename" escape="html" escape="js">"></div>');
                
                var container = $('.sort_vals', $tgt.parent());
                container.append(
                    '<div class="box left"></div><div class="box right">'
                    + $.map(init.values, function(v) {
                        return '<div id="sort_val_' + v.id + '" class="sort_val">' + v.label + '</div>';
                    }).join(' ')
                    + '</div>'
                );

                $('.box', container).sortable({
                    connectWith: '#sort_vals-<mt:var name="basename" escape="html"> .box',
                    update: function(event, ui) {
                        $tgt.val(
                            $('.left .sort_val', container).map(function() {
                                return $(this).attr('id').replace(/^sort_val_/, '');
                            }).get().join(',')
                        );
                    }
                }).disableSelection();
                
                var $left = $('.left', container);
                $.each($tgt.val().split(','), function(i, v) {
                    $left.append($('#sort_val_' + v, container));
                });
            }
        };
    
        //  選択スクリプトの実行
        sortable_value.make_vals({
            target: '#<mt:var name="basename" escape="js">',  // 選択した値をセットする要素(要素のIDを指定) 例: キーワード欄
            values: [
                {
                    label: '関連記事一覧',  // 選択項目のラベル
                    id: '関連記事一覧'      // 保存されるキーワード(ユニークな文字列)
                }, {
                    label: 'おすすめ記事一覧',
                    id: 'おすすめ記事一覧'
                }, {
                    label: 'プロフィール',
                    id: 'プロフィール'
                }
            ]
        });
    })
</script>
<MTIgnore>選択スクリプト用CSS</MTIgnore>
<style scoped>
    .sort_vals {
        overflow: hidden;
        margin: 0px 0px 8px 0px;
    }
    .sort_vals .box {
        width: 48%;
        float: left;
        height: 200px;
        padding: 3px;
        border: 1px solid #CCC;
        overflow: auto;
    }
    .sort_vals .box.left {
        float: left;
    }
    .sort_vals .box.right {
        float: right;
    }
    
    .sort_vals .box .sort_val {
        border: 1px solid #CCC;
        padding: 6px;
        margin-bottom: 3px;
        cursor: move;
    }
    .sort_vals .box.left .sort_val {
        background-color: #CEE4AE;
    }
    .sort_vals .box.right .sort_val {
        padding-left: 20px;
        background: #FFF url(<mt:var name="static_uri">images/arrow/spinner-left.png) no-repeat 3px 50%;
    }
</style>

ベースネーム: pagedisplayblock(任意)
テンプレートタグ: PageDisplayBlock(任意)

テンプレートで保存された値を取り出す方法

選択された項目はカンマ区切りで保存されます。保存された値をバラバラにして取得するには以下の様なテンプレートを記述します。

<$MTPageDisplayBlock key="pagedisplayblock" set_loop="block_loop",","$>
<MTLoop name="block_loop">
    <$MTGetVar name="__value__" escape="html"$><br>
</MTLoop>

工夫

既定値内ではMTタグも使用できるので、ソースコードの下記部分を修正することで、 例えばブログ記事の一覧や、ブログの一覧等も同じインターフェイスで選択できます。

values: [
    {
        label: '関連記事一覧',  // 選択項目のラベル
        id: '関連記事一覧'      // 保存されるキーワード(ユニークな文字列)
    }, {
        label: 'おすすめ記事一覧',
        id: 'おすすめ記事一覧'
    }, {
        label: 'プロフィール',
        id: 'プロフィール'
    }
]

例えば選択項目で「ブログ記事」を選択する場合のサンプルは下記のようになります。

values: [
<MTEntries lastn="0" glue=",">
    { label: "<$MTEntryTitle escape="js"$>", id: "<$MTEntryID$>" }
</MTEntries>
]

このスニペットフィールドを使用した場合、編集画面ではブログ記事IDがカンマ区切りの形式で保存されるので、下記のようなテンプレートで出力ページに出力することができます。

<$MTPageDisplayBlock key="pagedisplayblock" set_loop="block_loop",","$>
<MTLoop name="block_loop">
    <MTEntries id="$__value__">
        <$MTEntryID$>: <$MTEntryTitle escape="html"$><br>
    </MTEntries>
</MTLoop>

カテゴリー
設定・管理画面カスタマイズ
投稿者
Fujimoto

Recent Entries