PowerCMS™
ホーム > PowerCMS > ドキュメント > スタンダード版 >

リスト系アーカイブページの静的ファイル分割

アドオン・プラグイン

インデックステンプレート、記事リストアーカイブのページを一定の件数で分割することができます。

テンプレート分割の設定

分割したいアーカイブのテンプレートを編集画面を開き、MTEntries タグに limit モディファイア (分割したい単位の数字) および offset モディファイアを指定します。offset モディファイアは必ず 0 にしてください。 「このアーカイブを分割する」チェックボックスにチェックを入れて、保存します。

<MTEntries limit="20" offset="0">
    ...
</MTEntries>

ページ分割の設定

  • 例のように limit モディファイアと offset モディファイアはなるべくタグ名 MTEntries の直後に記述し、ほかのモディファイアよりも先に書くようにしてください。
  • テンプレートに「ファイルへのリンク」が設定されている場合、正常に動作しなくなります。その場合は「ファイルへのリンク」を設定しないようにしてください。

ページ送りナビゲーションの作成

MTPager 関連のタグを利用して、ページ送りナビゲーションを生成することができます。

<MTEntries offset="0" limit="20">
  <$MTTemplateNote value="Some teplate tags here."$>
</MTEntries>
<MTPager>
  <MTIfPagerHeader>
    Page <$MTPagerCurrent$> of <$MTPagerTotal$> <MTIfPagerPrev><a href="<$MTPagerPrevLink$>">Prev</a></MTIfPagerPrev>
  </MTIfPagerHeader>
  [<a href="<$MTPagerLink$>"><$MTPagerCounter$></a>]
  <MTIfPagerFooter>
    <MTIfPagerNext><a href="<$MTPagerNextLink$>">Next</a></MTIfPagerNext>
  </MTIfPagerFooter>
</MTPager>
  • プラグインがページを分割する時、テンプレートに記述された最初の MTEntries ブロックタグを確認します。MTEntries ブロックタグがインクルード先のモジュールに記載されている場合、プラグインは分割の指定を見つけられないためページの分割が行われないことに注意してください。
  • MTEntries に付加された絞り込みを行うためのモディファイアは無視されるため、ページ数が一致しなくなりますので注意してください。
  • ページ送りを出力する MTPager タグはページ分割の基準となる MTEntries タグより後に記述する必要があります。

テンプレート・タグ (スタティックパブリッシング専用)

ブロックタグ

MTPager
ページ送りナビゲーション情報をループ出力するためのブロックタグです。このタグはページ分割の基準になる MTEntreis タグより後に記述する必要があります。
MTIfPagerHeader
最初のループ実行時にタグの内容を処理します。
MTIfPagerPrev
現在のページの1つ前のページが存在する場合にタグの内容を処理します。
MTIfPagerNext
現在のページの1つ次のページが存在する場合にタグの内容を処理します。

ファンクションタグ

MTPagerCounter
MTPager ループの中でページ番号を出力します。
MTPagerLink
MTPager ループの中で、現在の MTPagerCounter に対応するリンク(URL)を出力します(ファイル名は、本来出力されるファイル名_番号.拡張子となります。例: index_2.html)。
MTPagerPrevLink
現在のページの1つ前のページの URL を出力します。
MTPagerNextLink
現在のページの1つ次のページの URL を出力します。

お問い合わせ

お問い合わせフォームがご利用できない場合は、以下のメールアドレスからも受け付けております。
contact@alfasado.jp

製品資料ダウンロード

パンフレットデータ、提案用資料などがダウンロードできます。