PowerCMS™
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[新着情報] PowerCMS 5.26 パッケージ差し替えについて を追加しました。
[よくあるご質問] Copy2Public / PowerSync で「日時指定」を選択して同期が行えない原因は何ですか? を追加しました。
[ブログ] PowerCMS サポートの実績 (2024年1月) を追加しました。

記事/ウェブページをツイートする

アドオン・プラグイン
タグ

記事/ウェブページの投稿を Twitter にツイートすることができます。(Twitter へツイートするにはTwitter のアカウントが必要です)

Twitter に自動投稿されたイメージ

機能

  • ワークスペース/スペース単位でアカウントを使い分けが可能
  • ワークスペース/スペース単位で統一したハッシュタグを付与可能
  • 記事/ウェブページそれぞれつぶやくかどうか設定可能
  • つぶやきをテンプレートで編集可能
  • OAuth 認証に対応
  • bit.ly による URL の自動短縮に対応
  • 長いつぶやきは自動的に短縮します (Web サービスを使った短縮ではありません)
  • 記事/ウェブページ公開時(日時指定の公開を含む)に、自動投稿が可能
  • 記事/ウェブページのリビジョンでの差し替え時(日時指定の差し替えを含む)の自動投稿が可能
  • 記事/ウェブページの編集画面から手動投稿可能
  • 独自の名前で Twitter にアプリケーションを登録可能 (ただしTwitter の仕様上重複した名称は利用不可)

セットアップ

※ 下記手順の中で Twitter に認証を求められた場合はログインしてください。
※ 利用する Twitter アカウントには「Elevated access(高度なアクセス)」の権限が必要です。Elevated access への申し込みはこちら

  1. ワークスペース/スペースのプラグイン設定画面で TweetEntry の設定タブを開きます。
  2. 「クリックして TweetEntry を登録してください。」から Twitter のサイトへ移動します。
  3. 「Create an aplication」画面で各項目へ入力して「Create your Twitter application」ボタンを選択し、アプリケーションを登録します。
  4. 登録後、設定画面内「Settings」タブを選択し、「Application Type」内「Access」から「Read & Write」をチェックして保存します。

    Twitter アプリケーション登録の画面

  5. 「Deteils」タブを選択して表示される「Consumer key」「Consumer secret」「Callback URL」の値を、プラグイン設定画面にコピーして入力し「変更を保存」します。
  6. アプリケーションの登録が完了すると、次の入力フィールドが表示されます。
  7. プラグイン設定から「クリックしてTokenを取得してください。」を選択し Twitter のサイトへ移動します。
  8. 「連携アプリを認証」ボタンを選択します。
  9. 設定が正しく行われると管理画面に戻り「認証に成功しました。」という画面が表示されます。

    認証に成功

    「テスト投稿してみましょう。」を選択すると、設定してアプリケーション名で「This post is test for TweetEntry: 2011-11-18T12:58:15」のような内容をつぶやきます。

    Twitter へのテスト投稿に成功

  10. ここまで完了するとプラグイン設定で「Token の取得」が自動入力されており、bit.ly とツイートの設定が行えるようになります。
  11. bit.ly とツイートの設定を行いたい場合は任意で行います。

    url-shorten-settings6.png

  • ツイートのテンプレートにツイートしたい内容を入力します。テンプレートタグが利用できます。
  • 日本語タグにも対応しています。

プラグイン設定

     
設定項目 解説 初期値
アプリケーションの登録
登録する Twitter のアプリケーション登録ページへジャンプします。
Consumer key Twitter のアプリケーション登録結果画面からコピー&ペーストしてください
Consumer secret Twitter のアプリケーション登録結果画面からコピー&ペーストしてください
Callback URL
http:// を含む形式である必要があります。
特別な理由がない限り管理画面に表示されているURLを指定してください。
https://sample.com/cgi-bin/mt/mt.cgi?__mode=twitter_oauth_callback&blog_id=1
Token の取得
取得する リンクをクリックして Token を取得してください。
Access token Access token の取得は自動的に行われます。 (自動的に取得されます)
Access secret Access secret の取得は自動的に行われます。 (自動的に取得されます)
bit.ly に関する設定
ログインユーザ名 bit.ly のログインユーザ名を入力してください。bit.ly の短縮 URL を使用する場合に指定します。
API key bit.ly の API key を入力してください。bit.ly の短縮 URL を使用する場合に指定します
ツイートの設定
記事をツイートする チェックをすると、記事編集画面に Twitter のアイコンが表示され、Twitter に投稿が行えるようになります。 チェックなし
公開時に記事を自動投稿する チェックすると、記事公開時に自動投稿を行います。 チェックなし
リビジョンでの差し替え時に記事を自動投稿する チェックすると、リビジョンでの記事差し替え時に自動投稿を行います。 チェックなし
ウェブページをツイートする チェックをすると、ウェブページ編集画面に Twitter のアイコンが表示され、Twitter に投稿が行えるようになります。 チェックなし
公開時にウェブページを自動投稿する チェックすると、ウェブページ公開時に自動投稿を行います。 チェックなし
リビジョンでの差し替え時にウェブページを自動投稿する チェックすると、リビジョンでのウェブページ差し替え時に自動投稿を行います。 チェックなし
ツイートのテンプレート つぶやきの内容を定義します。テンプレートタグが利用できます。 <$MTEntryClass setvar=”entry_class”$><mt:if name=”entry_class” eq=”entry”><$MTEntryTitle$><mt:else><$MTPageTitle$></mt:if>
ハッシュタグのテンプレート 投稿時に付与するハッシュタグを指定します。日本語のハッシュタグも指定できます。テンプレートタグが利用できます。 <$MTEntryClass setvar=”entry_class”$><mt:if name=”entry_class” eq=”entry”><MTEntryTags glue=” “>#<$MTTagName$></MTEntryTags><mt:else><MTPageTags gule=” “>#<$MTTagName$></MTPageTags></mt:if>
URL のテンプレート 投稿時に付与する URL を指定します。テンプレートタグが利用できます。 <$MTEntryClass setvar=”entry_class”$><mt:if name=”entry_class” eq=”entry”><$MTEntryPermalink$><mt:else><$MTPagePermalink$></mt:if>

記事/ウェブページ編集画面から投稿する方法

tweetentry_icon.png

保存した記事/ウェブページの編集画面内「パーマリンク」に「Twitter で共有」ボタンが表示されます。このボタンを選択する事で Twitter に再投稿する事ができます。「Twitter で共有」ボタンは公開権限を持つユーザにのみ表示されます。

ツイートの編集画面

tweetentry_edit.png

※「*」は必須項目です

設定項目 解説 設定例
テキスト* つぶやきの内容を定義します。テキスト、ハッシュタグ、URLと合わせ140文字の文字数制限があります。 吾輩(わがはい)は猫である。名前はまだ無い。どこで生まれたかとんと見当(けんとう)がつかぬ。
ハッシュタグ 投稿時に付与するハッシュタグを指定します。日本語のハッシュタグも指定できます。 #夏目漱石
URL 投稿時に付与する URL を指定します。URLは一律に22文字としてカウントされます。 https://sample.com/post.html
次は
一覧へ

お問い合わせ

お問い合わせフォームがご利用できない場合は、以下のメールアドレスからも受け付けております。
contact@alfasado.jp

製品資料ダウンロード

パンフレットデータ、提案用資料などがダウンロードできます。