PowerCMS™
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[新着情報] PowerCMS 5.26 パッケージ差し替えについて を追加しました。
[よくあるご質問] Copy2Public / PowerSync で「日時指定」を選択して同期が行えない原因は何ですか? を追加しました。
[ブログ] PowerCMS サポートの実績 (2024年1月) を追加しました。

PowerCMS ブログ

ホーム > PowerCMS ブログ > プラグイン > PowerCMSで外部プラグインを使ったとき、一覧画面で発生する問題の解消手段

2023年12月19日

PowerCMSで外部プラグインを使ったとき、一覧画面で発生する問題の解消手段

これは「Alfasado Inc. / LAB Inc. Advent Calendar 2023」の19日目の記事です。

予約サイト構築プラグイン A-Reserve を PowerCMS で利用する

予約サイト構築 MTプラグイン A-Reserve
弊社パートナーである アークウェブ の製品で、人気の「A-Form」をコアにしたプラグインになります。
容易に管理画面上で施設予約・イベント予約などが行えるプラグインです。

弊社でもPowerCMSの構築を請け負った複数案件で、このプラグインを利用しました。

PSGI環境で、A-Form や A-Reserve を利用した時に発生する問題と対処

PowerCMSがPSGIで動作している時に、A-Form や A-Reserve を利用した場合、以下の問題が発生します。

  • A-Form や A-Reserve の一覧画面で、読み込みエラーが発生する

これは、PowerCMSが一覧画面(list_xxxx)の表示にあたって、決められた一覧画面に限定している事によるもので、環境変数「EnableActionsEspecially」で対象に含める一覧画面のモードを指定できるようになっています。

A-Reserve の場合、以下のように環境変数を設定すれば、この問題に対処できます。

EnableActionsEspecially list_aform_reserve_plan,aform_reserve_option_value,list_aform_reserve_remaining_quantity,list_aform_reserve_cron

その他プラグインについても同様に、プラグインが持つ一覧画面のモ-ドをカンマ区切りで記載いただければ対応できます。


カテゴリー
PowerCMS 6
トラブルシューティング
プラグイン
設定・管理画面カスタマイズ
投稿者
小野崎@アルファサード

Recent Entries