PowerCMS™
XMLRPC API におけるコマンド・インジェクションの脆弱性対策 (JVN#7602487) を追加しました。
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[よくあるご質問] PowerCMS の各データが持つ ID を任意の値に指定したり変更できますか? を追加しました。
[ブログ] PowerSync のアップデート予定についてのお知らせ を追加しました。

PowerCMS ブログ

ホーム > PowerCMS ブログ > PowerCMS 6 > PowerCMS 6 のリッチテキストエディタに Vimeo の動画を埋め込む

2022年05月09日

PowerCMS 6 のリッチテキストエディタに Vimeo の動画を埋め込む

PowerCMS 6 では、動画ストリーミングサービス Vimeo の動画を、クリック操作のみで本文欄に埋め込むことができるようになりました。ホスティングのみならず、高機能な動画エディタが備わったサービスとの連携により、動画の提供についても強力にサポートします。

準備

プラグイン設定

Vimeo で パーソナルアクセストークン を取得し、システムレベルの Vimeo プラグイン設定「Vimeo Token」に設定します。

Vimeo プラグイン設定

リッチテキストエディタのボタン設定

システムレベルの PowerCMS 設定内、[TinyMCE 設定] の [advanced_buttons*] に、「vimeo」を設定します。下記では、[advanced_buttons2] の末尾に追加しました。

PowerCMS 設定で Vimeo ボタンを設定

※ [plugins] への設定は不要です

使ってみる

設定が完了したら、記事作成画面にアクセスし、[本文] 欄の [フォーマット] を [リッチテキストエディタ] にしてみてください。ボタン群に、Vimeo のアイコンが追加されています。

リッチテキストエディタ上に Vimeo ボタンが表示されているイメージ

クリックすることで、モーダルダイアログが開きます。

モーダルダイアログ内にアップロード済み動画がリスト表示されます

すでにアップロードされている動画があればリスト表示されます。ダイアログ上部のリンクから Vimeo に進んで動画を作成したり、自身で作成した動画をアップロードすることもできます。動画のアップロードはデータを 128MB ずつに分割して行われ、ファイル名が動画のタイトルになります。

リスト表示のサムネイルをクリックすると、動画をプレビューすることができます。

埋め込み前に動作をプレビューすることが可能

ラジオボタンをチェックし、[挿入] ボタンを押すことで、リッチテキストエディタに動画を埋め込むことができます。埋め込む際に、「埋め込みサイズ(px)」として、横幅を指定することが可能です。

Vimeo から動画が埋め込まれたイメージ

※ 本機能に関するユーザーズガイドは後日公開予定です


カテゴリー
PowerCMS 6

Recent Entries