PowerCMS™
XMLRPC API におけるコマンド・インジェクションの脆弱性対策 (JVN#7602487) を追加しました。
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[よくあるご質問] PowerCMS の各データが持つ ID を任意の値に指定したり変更できますか? を追加しました。
[ブログ] PowerSync のアップデート予定についてのお知らせ を追加しました。

PowerCMS ブログ

ホーム > PowerCMS ブログ > PowerCMS 5 > コードスニぺットを利用し画像以外のファイルを img タグで挿入する

2022年05月10日

コードスニぺットを利用し画像以外のファイルを img タグで挿入する

PowerCMS のデフォルトで画像として扱わないファイルは、環境変数 AssetFileTypes を利用すると画像として扱うことができます。アイテムの種類が画像になると、記事/ウェブぺージなどのアイテムの挿入時に、img タグでの挿入が行えます。

item_editor.png

しかし、対象のファイルの拡張子が「.webp」などの場合、ファイルの横幅と縦幅の取得ができず 環境変数 AssetFileTypes を設定しても種類が画像で登録することができません。

これは、テンプレートタグの MTAssetProperty で、横幅と縦幅の取得ができなくなるためです。

このような場合、代替えとはなりますがコードスニペットを利用して、記事編集画面にて、アイテム挿入時に img タグでの挿入をすることができます。

コードスニペットを使って画像挿入時の HTML を設定する手順は以下記事でもご案内しています。

こちらを利用し以下の手順でご利用ください。

手順

  1. ウェブサイト/ブログの左メニュー [記事] 内 [コードスニペット] を選択し、コードスニペット一覧画面を表示
  2. コードスニペット一覧画面上部「新規作成」を選択
  3. コードスニペット新規作成ページの[設定] ウィジェット内 [種類] を「ファイルの挿入」にする
  4. コードに以下を設定
    <img src="<MTAssetURL>" width="100" height="100" alt="<MTAssetLabel escape="html">">

    ※横幅と縦幅は適宜修正してください。
  5. 記事編集画面にてアイテム挿入時、挿入オプションのダイアログにコードスニペットの項目が表示される。
  6. 手順.4で作成したコードスニペットを選択し挿入する。

横幅と縦幅がファイルから読み込めないため都度 width と height 書き直すが必要になりますが、複数コードスニペットを作成していただくなどで対応してください。


カテゴリー
PowerCMS 4
PowerCMS 5
プラグイン
投稿者
keiko.kurihara

Recent Entries