PowerCMS™
XMLRPC API におけるコマンド・インジェクションの脆弱性対策 (JVN#7602487) を追加しました。
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[よくあるご質問] リッチテキストエディタを使用した際の HTML の記述が XHTML の記述に変換されるのはなぜですか? を追加しました。
[よくあるご質問] PowerCMS の各データが持つ ID を任意の値に指定したり変更できますか? を追加しました。

PowerCMS ブログ

ホーム > PowerCMS ブログ > PowerCMS 6 > Twitter への投稿機能のアップデート

2022年04月13日

Twitter への投稿機能のアップデート

昨日の記事では、LINE 投稿機能についてご紹介いたしました が、この機能の実装に伴い、類似の機能である Twitter の投稿機能についてもアップデートが行われます。

概要

基本的には、動作仕様を LINE 投稿機能に合わせるためのアップデートになります。これまでの Twitter への投稿機能は下記のようになっており、考慮すべきことが少ないながらも、細かなケアがしづらいこともまた特徴的でした。

  • 記事/ウェブページの編集画面から、ボタンひとつで手動投稿
  • 記事公開時、日時指定公開時、リビジョンでのアップデート時に自動投稿
  • 投稿内容には記事/ウェブページの URL を自動付与
  • 文字数は 140 文字まで

今後は、下記のように変わります。

  • 公開状態の記事/ウェブページ編集画面から、Twitter アイコンをクリックして表示されるモーダルダイアログから手動投稿
  • 設定により、記事/ウェブページを公開状態(手動もしくは日時指定公開)にするときに自動投稿
  • 設定により、リビジョン機能を使って記事をアップデートするとき(手動もしくは日時指定公開)に自動投稿
  • 文字数は現在の Twitter の仕様に沿う

手動投稿

公開状態の記事/ウェブページ編集画面内、「パーマリンク」に表示される Twitter アイコンをクリックすると、(その時点で投稿を行うのではなく)投稿内容を編集するためのモーダルダイアログが開くようになります。このダイアログ内には、あらかじめプラグイン設定しておいたテンプレートが、記事/ウェブページのコンテキストでビルドされた内容が入力状態になっています。

モーダルダイアログ内で Twitter への投稿内容を編集するイメージ

テキスト、ハッシュタグ、URL 欄をそれぞれ編集すると、自動的に連結されて「ツイート」欄に反映されます。「ツイート」欄への入力内容がそのままツイートされますので、例えばハッシュタグや URL を文中に入れたい場合は、テキスト欄に記述することで実現可能です。URL を入れずに投稿することもできますので、記事/ウェブページとは関係のない内容の投稿を行うことも可能です。

文字数制限については「ツイート」欄下部のカウンターで確認することができます。

自動投稿

記事/ウェブページを公開状態にするとき、もしくはリビジョン機能を使ってアップデートするときに、Twitter に自動投稿するかどうか、それぞれ設定できるようになります(旧バージョンで、「記事をツイートする」「ウェブページをツイートする」設定を有効にしていた場合は、アップグレード時に左記の設定が自動的に有効化されます)。自動投稿の場合、プラグイン設定したテンプレートをビルドした内容がそのまま使われます。

自動投稿の際の失敗を防ぐには、例えば「Twitter 投稿内容」のカスタムフィールドを用意しておき、そのテンプレートタグをプラグイン設定しておくとよいでしょう。自動投稿を判別するには、テンプレート変数 auto_post が利用可能です。例えば、自動投稿の場合はカスタムフィールドのテンプレートタグ mt:EntryTwitterPost を使い、手動投稿の場合はタイトルを利用する場合、下記のようなテンプレート記述となります。

<mt:If name="auto_post"><mt:EntryTwitterPost><mt:else><mt:EntryTitle></mt:If>

制限事項

  • LINE 投稿では、ビジュアルを確認しづらいことから、検証用アカウントに投稿する機能がありますが、Twitter 投稿においてはこの機能はございません。
  • 画像などメディアを伴っての投稿はできません。今後のアップデートで対応予定です。

カテゴリー
PowerCMS 6

Recent Entries