PowerCMS™
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[ブログ] PowerCMS サポートの実績 (2022年4月) を追加しました。
[ブログ] Google 検索の結果に表示される URL を統一する を追加しました。
[よくあるご質問] テンプレートの更新履歴を比較することはできますか? を追加しました。

PowerCMS ブログ

ホーム > PowerCMS ブログ > PowerCMSクラウド > PowerCMSクラウドで出来ること(よくいただく質問・依頼から)

2018年06月20日

PowerCMSクラウドで出来ること(よくいただく質問・依頼から)

PowerCMSクラウド は、高機能CMS PowerCMS をご契約からたった1週間でご利用いただける、クラウドサービスです。
よくいただく質問・依頼について、以下にまとめます。

契約について

Q. 申し込んでからどのぐらいで利用できるようになりますか?
A. 通常お申込みから1週間で、環境をお渡し出来ます。ただし年度末や連休前などのお申込みが立て込む時期には、もう少しお時間を頂く場合があります。
Q. すでに PowerCMS のライセンスを保有しています。
PowerCMSクラウド を契約するには、初期費用が必要ですか?
A. 既存ライセンスのご利用環境を継続運用するのとは別に、PowerCMSクラウド もご利用をされる場合には、初期費用が必要となります。
PowerCMSクラウドのご利用に合わせて、既存の環境から PowerCMS を削除される場合は、初期費用は必要ありません。
Q. PowerCMS を購入してありますが、サポートライセンスの更新をしていません。
PowerCMSクラウド を契約するには、初期費用が必要ですか?
A. 既存ライセンスについてサポートライセンスが契約中であることが、初期費用が免除される条件となります。
サポートライセンスが期限切れの場合、PowerCMS サポートライセンスの更新を行うか、新たに PowerCMS ライセンスを購入する必要が発生します。
Q. PowerCMSスタンダード のライセンスを保有しています。
PowerCMSクラウド へライセンス移行できますか?
A. PowerCMSクラウド では、スタンダード版のラインアップをご用意しておりません。以下の手順でお申し込みください。
  1. PowerCMSスタンダード から PowerCMSプロフェッショナル へのエディション変更を行ってください。
    PowerCMS では、製品価格差額の120%で上位エディションに変更可能です。
  2. 上記エディション変更されたライセンスで、PowerCMSクラウド をお申し込みください。
    別途初期費用がかかることはありません。

SSL証明書・DNS関連

Q. 証明書の適用はどのようにすればいいですか?
A. 証明書と中間CA証明書、秘密鍵を安全な経路でお送りください。弊社で設定を行います。
以前は管理画面より設定可能でしたが、お客様の誤操作による障害が発生しため、現在は弊社で実施しております。
メールや暗号化ZIPファイルで秘密鍵をやり取りすることは、絶対に避けてください。
Q. フロントサーバーに証明書を設定するにはどうすればよいですか?
A. 証明書と中間CA証明書、秘密鍵を安全な経路でお送りください。弊社で設定を行います。
Q. 既存のサイトから PowerCMSクラウドのサイトへとDNSを切り替えるには、どの様な手順になりますか?
A. DNS切り替え直後からサーバーが利用できるように、事前にドメインの設定や証明書の適用を行うようにしております。
DNS登録を自社で管理されている場合には、切り替えの日程を事前にお知らせください。

アクセス制限関連

Q. コンテンツにHTTP認証をかけたいです
A. PowerCMSクラウドでは、標準でApache HTTPサーバーの分散設定ファイル(.htaccess)によるBasic認証などのHTTP認証や、接続元IPアドレスによるアクセス制限が設定可能になっています。
対象ディレクトリに、分散設定ファイルを設置して、自由にアクセス制限をかけることが可能です。
Q. 管理画面に対してアクセス制限をかけたいです
A. 接続元IPアドレスの制限をご希望の場合は、許可対象となるIPアドレスを、HTTP認証をご希望の場合は、パスワードファイル(htpasswd)をお送りください。弊社で設定を行います。
接続元IPアドレスの制限とHTTP認証の併用も可能です。
Q. フロントサーバーにHTTP認証をかけたいです
A. PowerCMSクラウドのフロントサーバーでは、Web.config ファイルの設置と、ご要望により HTTP認証(Digest認証)が設定可能になっています。
対象ディレクトリに、Web.configファイルを設置して、自由にアクセス制限をかけることが可能です。

コンテンツ制作関連

Q. サーバーに直接ファイルをアップロードが出来ますか?
A. SFTP接続用のアカウントを、1ユーザ分お渡しします。コンテンツを直接アップロードすることが可能です。
Q. 自社制作のプラグインを利用できますか?
A. 上記SFTP接続で、プラグインのアップロードが行なえます。
Q. cron 指定は行なえますか?
A. cron が設定可能な管理画面や、サーバーへのSSH接続アカウントは提供しておりません。設定内容と共に弊社にご依頼いただくことになります。
PowerCMS の標準的な機能のための cron については、初期状態で設定済みです。
なお、負荷原因となりうる極端な設定依頼内容は、お断りする場合があります。

カテゴリー
PowerCMSクラウド
投稿者
小野崎@アルファサード

Recent Entries