PowerCMS™

【東京:5月29日、6月5日 | 大阪:6月5日】PowerCMS 5 新機能紹介セミナー開催

PowerCMS ブログ

ホーム > PowerCMS ブログ > 新しくなったメールマガジン機能

2018年05月11日

新しくなったメールマガジン機能

今回は、PowerCMS 5 で新しくなったメールマガジン機能についてご紹介いたします。

メールマガジンの利用について

Twitter や、Facebook をはじめとしたソーシャルメディアの普及により、ソーシャルメディアを活用したマーケティングに力を入れる企業は増えてきておりますが、10年以上も前からマーケティング手法として使われてきたメールマーケティングもまだまだ有効な手法として、メールマガジンの効果は健在です。中には売上を4倍に伸ばした EC サイトのメールマガジン活用事例もあるようです。

PowerCMS のメールマガジン配信機能を利用するメリット

PowerCMS のメールマガジン配信機能を使うメリットは、何といっても CMS とメールマガジン配信機能が一体となっていることです。Web サイトを運営するにあたり、Web サイトと、メールマガジンの管理を別で管理すると、利用する担当者のユーザー管理をはじめ、メールマガジンを配信する宛先の管理など、何かと煩雑になります。また、一般的なメールマガジン配信サービスを利用するには、初期費用が1万円~3万円程度、月額費用が2千円~5千円程度かかるのが一般的ですので、コストの面でもお役立ていただけます。

新機能

テンプレートの登録やエディタの改善でより簡単に、より使いやすく、コンバージョンの計測、SendGrid の連携でより実用的になりました。

  • メールマガジンの送信先に、メンバー、アドレス帳、コメント、フォームへの投稿などから指定できるようになりました。
  • HTML メールの作成に関する機能が追加されました。
  • メールテンプレートを複数登録することができるようになりました。
  • メールの開封やサイトへの訪問、コンバージョンといったアクティビティを取得できるようになりました。
  • 会員登録機能を使わずにメールアドレスのみを登録できるようになりました。
  • メールサービス SendGrid と連携して、バウンスメールになったメールアドレスへの配信を停止できるようになりました。

送信先の指定

メールマガジンは、メンバー、アドレス帳、コメント、フォーム投稿から送信先を指定できるようになりました。

お問い合わせフォームなどから投稿をいただいたユーザーを、メールマガジン用の宛先に新たに登録するような手間が無くなります。

メンバー:PowerCMS の登録ユーザーからの指定

アドレス帳:作成したアドレス帳からの指定

コメント、フォーム投稿:コメント、フォームの投稿者からの指定

メールマガジン作成画面

アドレス帳の登録

会員登録機能を使わずにメールアドレスのみを登録できるようになりました。

アドレス帳登録画面

HTML メールの作成

テンプレートの挿入(定型文をあらかじめテンプレート化し、挿入することができます。)、Data API を利用して HTML メールの開封をチェックするための img タグ(メールの開封率が計測できます。)が、リッチテキストエディタのボタンで挿入できるようになりました。これによりメールマガジンをより簡単に作成することができます。

メールマガジン登録エディタ画面

メールテンプレート複数登録

メールテンプレートを複数登録することができます。

メールマガジンテンプレート登録画面

登録したメールテンプレートから、メールマガジンを作成することができます。

メールマガジンテンプレート選択画面

アクティビティの取得

メールの開封やサイトへの訪問、コンバージョンといったアクティビティを取得できるようになりました。

メールマガジン一覧画面

メールマガジン登録画面

メールマガジンは、適切な内容を適切な時間に送って、しっかりと読んでもらったうえで、購買や問い合わせという行動に移してもらうことが重要になります。また、メールに対する顧客の反応を分析することで、はじめてメールマガジンが完全に双方向のメディアになり、顧客との接点をより質の高いものにします。

バウンスメールの配信先停止

メールサービス SendGrid と連携して、バウンスメールになったメールアドレスを自動処理できるようになりました。

大規模なメール配信を行う際は、配信先のメールアドレスは定期的にクリーニングする必要があります。さもなくば、「スパムトラップ」に引っかかって、メール配信自体ができなくなってしまう危険性があります。具体的には、「人が使っていないメールアドレス」の中には、スパムメールを判別するアドレスが紛れ込んでいることがあり、そこにメールを送り続けてしまうと、送信元の IP アドレスがスパム認定されてしまって、他のユーザーへのメールも届かなくなってしまいます。このような事態を防ぐことができます。

SendGrid について

SendGrid とは、全世界で利用されているメール配信サービスです。クラウドベースの SMTP プロバイダで、メールサーバの維持管理の手間なくメールを送信することができるサービスです。また、通常のメールサーバにはない、短時間で大量にメールを送信するための機能があります。SendGrid は米国発のサービスですが、様々な制限がある日本のキャリアメールにも確実にメールを届けることができます。

新しくなったメールマガジン機能をぜひご活用ください。



カテゴリー
PowerCMS 5