PowerCMS™

【東京セミナー】6月6日(木) 企業Webリニューアル。最初に押えたい要件定義の進め方と、最新CMSで出来ること

PowerCMS ブログ

ホーム > PowerCMS ブログ > PowerCMS の動作に必要なシステムテンプレートを後入れする

2017年01月13日

PowerCMS の動作に必要なシステムテンプレートを後入れする

PowerCMS に同梱されているウェブサイト/ブログのテーマは複数のものがありますが、いずれも PowerCMS に必要なシステムテンプレートが最初から含まれています。例えば、

  • 承認依頼の際に送信されるメールのテンプレート
  • 会員サイト機能のサインアップ/プロフィール編集画面テンプレート
  • エンタープライズ検索のテンプレート

などがこれにあたります。システムテンプレートに存在しない場合は各機能デフォルトのものを使用しますが、管理画面に表示されないのでカスタマイズができません。また、システムテンプレートを新しく追加するには、

  • データベースにシステムテンプレートを追加する
  • テーマにシステムテンプレートの記述を追加する

といった、CMS 利用ユーザだけでは解決できない作業が必要になります。

しかし、Movable Type のみで構築された CMS に新しく PowerCMS を導入した場合など、前述のシステムテンプレートを含まないテーマですでにウェブサイト/ブログを作成しているケースは比較的多く存在します。PowerCMS は、こういったケースにも対応することができます。

PowerCMS では、必要なシステムテンプレートを後からインストールできる

システムテンプレートをインストールしたいウェブサイト/ブログの「デザイン」メニュー内にある「テンプレート」を選択すると、テンプレート一覧を表示することができます。この画面右の「アクション」ウィジェット内に「システムテンプレートを追加」というリンクがあります。

「アクション」ウィジェット内「システムテンプレートを追加」

これを選択することで、「利用可能なテーマ」を選択するダイアログが表示されます。この中には、現在利用中のテーマは含まれていません。

テーマを選択する

システムテンプレートをインストールしたいテーマを選択して「インストール」ボタンを押してください。「選択したテーマのシステムテンプレートをインストールしました。」というメッセージが表示されたらインストール完了です。

このとき、すでに存在するシステムテンプレートとバッティングした場合は上書きされますが、上書き前の内容はバックアップされます。テンプレート一覧画面の「ショートカット」ウィジェット内に「バックアップされたテンプレート」リンクがあり、これを選択することで旧テンプレートを確認することができます。

Movable Type 標準の Eiger、Rainier 等のテーマはもちろん、制作したオリジナルテーマでも使えます。「システムテンプレートを追加」を是非お試しください!


カテゴリー
PowerCMS 4
サイト制作全般
設定・管理画面カスタマイズ

Recent Entries