PowerCMS™

[セミナー情報]【東京開催】PowerCMS X 1.1 リリース説明会を行います。

PowerCMS ブログ

ホーム > PowerCMS ブログ > Movable Type (PowerCMS) for AWS でコマンドラインからスクリプトを実行…

2016年04月06日

Movable Type (PowerCMS) for AWS でコマンドラインからスクリプトを実行する

Movable Type for AWS(AMI)PowerCMS for AWS(AMI) で /app/movabletype/tools/配下のスクリプト( run-periodic-tasks など) を実行するときの注意事項です。

PowerCMS 4のAMI (Amazon Machine Image)提供について

以下のように実行すると、サムネイルの生成や PowerSearch(Hyper Estraier)のインデックス生成などが正常にできないことがあります。

cd /app/movabletype
sudo -u www /usr/bin/perl ./tools/run-periodic-tasks

AWS版では /app/local/lib64/perl5 に必要な Perlモジュールが配置されています。

/app/local/lib64/perl5配下のディレクトリとファイル

PERL5LIBにライブラリパスを追加する必要があります。具体的には下記のように実行するようにしてください。

cd /app/movabletype
sudo -u www PERL5LIB=/app/local/lib64/perl5:/app/movabletype/lib:/app/movabletype/extlib /usr/bin/perl ./tools/run-periodic-tasks

尚、sudo -u www としているのは日時指定公開や再構築キュー経由で生成されたファイルのオーナーを管理画面からパブリッシュしたファイルのオーナーと同じにするためです。これを指定しないと管理画面から該当のファイルを上書き、削除できなくなる可能性があります。


カテゴリー
サポート
トラブルシューティング
技術情報

Recent Entries