PowerCMS™

【東京セミナー】6月6日(木) 企業Webリニューアル。最初に押えたい要件定義の進め方と、最新CMSで出来ること

PowerCMS ブログ

ホーム > PowerCMS ブログ > メール送信を行なう Data API のエンドポイントを追加するプラグイン

2015年10月02日

メール送信を行なう Data API のエンドポイントを追加するプラグイン

MovableType の Data API を活用してウェブサービスを作成したりログインが必要なウェブサイトへの会員登録機能を実装しようとした時、明らかに足りないエンドポイントがありませんか? そう、それはメール送信です。会員登録時の確認、パスワードのリセット、各種通知など、ウェブサービスがメールを送るシーンは数多くあります。このエンドポイントがない場合、メール送信処理はサーバー側で実装する必要があります。

プラグインのダウンロード

メール送信権限

プラグインをインストールすると新たなロール「Data API経由のメール送信」が追加されます。システム管理者か、ブログに対してこのロールを割当てわれているユーザーのみがメールを送信できます。

ロール「Data API経由のメール送信」が追加された管理画面

エンドポイント(認証付き、POST)

/v2/sites/1/send_email

リクエストボディ

基本パターン

email={"To":"webmaster@alfasado.jp","Subject":"Mail Subject","Body":"This is Mail Body"}

メールヘッダを追加する(Cc等)

email={"Head":{"Subject":"Mail Subject","To":"webmaster@alfasado.jp","Cc":"powercms@alfasado.jp","From":"junnama@alfasado.jp"},"Body":"This is Mail Body"}

MTのテンプレートを利用する

email={"To":"webmaster@alfasado.jp","Subject":"Mail Subject","Body":{"template_id":119,"build":"true"}}

カテゴリー
プラグイン

Recent Entries