PowerCMS™

PowerCMS ブログ

ホーム > PowerCMS ブログ > 改良されたカスタムフィールド・ダイアログでの複数オブジェクト選択

2013年12月19日

改良されたカスタムフィールド・ダイアログでの複数オブジェクト選択

PowerCMSでは拡張されたカスタムフィールド機能によって、オブジェクトとオブジェクトを関連づけることができます(ブログ記事とブログ記事、ブログ記事とウェブページ、ウェブページとバナー、カスタムオブジェクトとカスタムオブジェクトなど)。

関連づけは1対1、1対複数(複数選択)、1対グループが指定できます。今回PowerCMS 4でこの機能のうち「複数選択」のUIが変更になり、便利になりました。

ダイアログからの複数選択というのは、カスタムフィールド画面で「ブログ記事(複数選択)」や「カスタム項目(複数選択)」といったラベルが付けられています。「関連する記事」とかの用途に利用できます。従来のPowerCMSでは以下のようなダイアログでした。

PowerCMS 3の複数選択ダイアログインターフェース

PowerCMS 3 では、ラジオボタンだったので一回にひとつだけしか選択できず、ひとつ選択しては挿入、再度ダイアログを表示して次のものを選んで挿入、の繰り返しでした(10個選択するには10回繰り返さなければなりません)。

また、選択したものの並べ替えもできなかったので、並べ替えたかったら一度クリアしなければなりませんでした。挿入済みの項目の横に表示される「x」アイコンをクリックすることで関連づけを解除できます。

PowerCMS 4では、この部分を改善し、一画面で複数のオブジェクトを選択できるようになりました。

以下が新しいダイアログです。チェックした順番に挿入されます。一度挿入した後、再度ダイアログを開くとチェックボックスが選択状態になっています。

PowerCMS 4の「複数オブジェクト選択」ダイアログからチェックボックスで選択して挿入

オブジェクトが関連づけられた状態

「選択した項目」に表示されている項目をドラッグ&ドロップすることで並べ替えもできます(テンプレートにおいては、もちろん並べ替えた順番で出力されます!)。

選択した項目をドラッグ&ドロップ

選択したい項目がたくさんある場合、ページ送りが可能です。

ダイアログ内でのページ送り

キーワード検索も可能です。

ダイアログ内でキーワード検索

どの画面でもちゃんと選択したものを保持してくれます。

デモ環境、評価版のご依頼はこちらのフォームからお問い合わせください


カテゴリー
PowerCMS 4
設定・管理画面カスタマイズ
投稿者
Fujimoto

Recent Entries