PowerCMS™

【東京セミナー】6月6日(木) 企業Webリニューアル。最初に押えたい要件定義の進め方と、最新CMSで出来ること

PowerCMS ブログ

ホーム > PowerCMS ブログ > Power CMS for MTのCSVインポート(インポートフォーマット)

2011年02月17日

Power CMS for MTのCSVインポート(インポートフォーマット)

Power CMS for MTでは、既存HTML、CSV(TSV)、CSV(TSV)-カテゴリ、カスタムオブジェクト、Link等一括インポートの機能が充実していますが、CSV(TSV)インポータでエントリをインポートする場合の1行目の項目指定についての質問をいただくことが多いのでマニュアルを補足する形でご紹介します。

例えばMovable Typeのテーブルのカラム名が「entry_text」テンプレートタグは「MTEntryBody」というように必ずしもカラム名とタグ名が一致しないことに注意してください。テーブルのカラム名についてはphpMyAdmin等のツールが役に立つと思います。

  • フォーマットはCSV又はTSV(タブ区切りテキスト)です。拡張子を必ず指定してください。
  • entry_idをキーにインポートします(重複するentry_idがあればそのエントリを上書きします)。
  • 1行目にエントリーのカラム名、メタデータの名称を下記の表の通りに指定してください。

インポート書式

エントリーのカラム名内容
entry_idエントリのID
entry_author_idエントリの所有者のauthor_id *必須
entry_authored_on公開日(YYYYMMDDhhmmss形式のタイムスタンプ)
entry_basename出力ファイル名
entry_blog_idブログID *必須
entry_text本文
entry_text_more続き
entry_titleタイトル
entry_classクラス(entryもしくはpage) *必須
entry_convert_breaks本文/続きのフォーマット=>0(なし)、__default__(改行を変換)、richtext(リッチテキスト等)
entry_excerpt概要
entry_ext_datas拡張フィールドとカスタムフィールドの値を連結したもの(検索用)
entry_isolationどのカテゴリにも属さない場合1
entry_keywordsキーワード
entry_modified_on最終更新日(YYYYMMDDhhmmss形式のタイムスタンプ)
entry_statusステータス=>1(下書き)、2(公開)、6(承認依頼中)、7(テンプレート) *必須
entry_template_idエントリーテンプレートのID
entry_template_module_idエントリーテンプレートで紐付けられたのテンプレートモジュールのID
entry_allow_commentsコメントを許可する場合1
entry_allow_pingsトラックバックを許可する場合1
entry_unpublished指定日非公開が指定されている場合1
entry_unpublished_on非公開日(YYYYMMDDhhmmss形式のタイムスタンプ)
メタデータ
customfield_basename名カスタムフィールドの値(basenameで指定)
extfields_file_拡張フィールドのラベル名拡張フィールドの値( %r/images/img_001.jpg のようにすると添付ファイルが指定可能)。「file」の部分はtext、textarea、checkbox、radio、cbgroupのようにフィールドの種別に変更可能です。
primary_category主カテゴリ
categoryカテゴリ(複数列指定可能、_(アンダースコア)で繋ぐとカテゴリの階層指定が可能
tagタグ(複数列指定可能)

参考


カテゴリー
PowerCMS 2
サポート
技術情報

Recent Entries