PowerCMS™
ホーム > PowerCMS > ドキュメント > プロフェッショナル版 > オプションプラグイン >

転送先リモートサーバの追加

アドオン・プラグイン
タグ

※ この機能はプロフェッショナル版以上のライセンスをご購入の場合のみご利用可能です

ステージングサーバー機能によって実行される転送先リモートサーバをひとつ追加することができます。

※ 環境変数 Copy2PublicTransferProtocol SFTP を指定している場合、このプラグインによる転送も SFTP によって行われます。FTPS を選択している場合も同様です。

プラグイン設定

設定はシステムメニューもしくはウェブサイト/ブログの [設定] > [プラグイン] > [Copy2PublicPlus] の設定で行います。

設定項目 解説 設定例
サーバ設定 ウェブサイト/ブログごとに個別の設定を行わずシステム全体で同じアカウント、サーバーを利用する場合はチェックを入れてください。共通アカウント設定はシステムプラグイン設定で指定します。
サーバー名 リモートサーバーのホストまたは IP アドレスを記述します。 ftp.example.cpm
ユーザー名 リモートサーバーヘのログイン ID を指定します。 userid
パスワード リモートサーバーヘのログインパスワードを指定します。 password
アップロードディレクトリのパス リモートサーバ内の、ファイルをアップロードするディレクトリのパスをフルパスで指定します。 /var/www/tmp
ホームディレクトリからのパス リモートサーバにログインするユーザが「アップロードディレクトリのパス」で指定したフルパスに cd できない場合、ここで指定したパスに cd します。 /tmp
パッシブ・モードで接続する FTP転送でパッシブ・モード転送を行う場合にチェックします。

転送の実行について

Copy2Public によるリモートサーバへの転送の実行後に本プラグインによる転送が実行されます。

  • 転送される ZIP ファイルは Copy2Public によるリモートサーバ転送のものと同一であるため、転送先サーバの公開パスなどディレクトリ構成が同じである必要があります。
  • 転送された ZIP ファイルを展開するためには転送先サーバに do-synchronize スクリプトを設置して実行する必要があります。

お問い合わせ

お問い合わせフォームがご利用できない場合は、以下のメールアドレスからも受け付けております。
contact@alfasado.jp

製品資料ダウンロード

パンフレットデータ、提案用資料などがダウンロードできます。