PowerCMS™

set_loop

set_loop

出力される値を指定した区切り文字 (既定値はカンマ) で分割し、配列変数へセットします。引数には「配列の名前」「区切り文字」「セット方法」の順に指定でき、「区切り文字」「セット方法」は省略できます。

引数

第一引数 (配列の名前)

配列変数の名前を指定します。新しい配列の名前も指定できます。この指定は必須です。

第二引数 (区切り文字)

値を分割する区切り文字を指定します。この指定は省略でき、省略した場合は既定値 (カンマ) が使われます。

第三引数 (セット方法)

指定した配列変数へ値をセットする方法を指定します。push を指定した場合は配列の末尾に追加され、unshift の場合は配列の先頭に追加されます。この指定は省略でき、省略した場合は配列変数の値を上書きします。

使い方

例: 変数 text の値を ; で区切って配列 options_loop へ追加し、ループ出力する

<$MTVar name="text" set_loop="options_loop",";"$>

<$MTLoop name="options_loop">
    __value__: <$MTVar name="__value__"$>
</MTLoop>

変数 text の値が A;B;C の場合、配列 options_loop の値が A と B と C になる

    __value__: A
    __value__: B
    __value__: C

set_loop と関連のあるグローバルモディファイア (1)