PowerCMS™
XMLRPC API におけるコマンド・インジェクションの脆弱性対策 (JVN#7602487) を追加しました。
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[よくあるご質問] リッチテキストエディタを使用した際の HTML の記述が XHTML の記述に変換されるのはなぜですか? を追加しました。
[よくあるご質問] PowerCMS の各データが持つ ID を任意の値に指定したり変更できますか? を追加しました。

SchwartzFreeMemoryLimit

SchwartzFreeMemoryLimit

SchwartzClientDeadline と同様ですが、こちらは空きメモリ容量を指定します。

この環境変数を使用する場合、Perl モジュール Sys::MemInfo がサーバーにインストールされている必要があります。もし Sys::MemInfo がインストールされていない場合、この設定は無視されます。

ShwartzFreeMemoryLimit が有効な場合、サーバーの空きメモリ容量が指定された値以下になった場合に、残りのタスクの処理をおこなわずに run-periodic-tasks を終了させます。未処理のタスクは run-periodic-tasks の次回起動時に処理されます。

メモリ容量を以下の単位で指定します。

  • GB
  • MB
  • KB
  • 任意のバイト数

GB, MB, KB の B はオプションです。それぞれ、G, M, K と指定しても動作します。

記述例:

50 MB を設定する場合:
SchwartzFreeMemoryLimit 50M
8000 KB を設定する場合:
SchwartzFreeMemoryLimit 8000K

使い方

SchwartzFreeMemoryLimit 8000K

初期設定値

この環境変数に初期設定値はありません。

SchwartzFreeMemoryLimit と関連のある環境変数 (503)