PowerCMS™

RPTFreeMemoryLimit

RPTFreeMemoryLimit

run-periodic-tasks のプロセスを起動する際、メモリを最低どの程度確保するか設定します。

この環境変数を使用する場合、 Perl モジュール Sys::MemInfo がサーバーにインストールされている必要があります。もし Sys::MemInfo がインストールされていない場合、この設定は無視されます。

RPTFreeMemoryLimit が有効な場合、起動中の run-periodic-tasks が利用可能なメモリ容量を調べます。もし利用可能なメモリ容量が RPTFreeMemoryLimit の設定を下回っていた場合、新しく起動された run-periodic-tasks のプロセスは何もせず正常終了します。

メモリ容量を以下の単位で指定します。

  • GB
  • MB
  • KB
  • 任意のバイト数

GB, MB, KB の B はオプションです。それぞれ、G, M, K と指定しても動作します。

記述例:

1 GByte を設定する場合:
RPTFreeMemoryLimit 1G
100 MByte を設定する場合:
RPTFreeMemoryLimit 100MB
1024 KByte を設定する場合:
RPTFreeMemoryLimit 1024K
512000 Byte を設定する場合:
RPTFreeMemoryLimit 512000

使い方

RPTFreeMemoryLimit 1024K

初期設定値

この環境変数に初期設定値はありません。