PowerCMS™
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[ブログ] エンタープライズ検索のページ送りナビゲーションをカスタマイズする (実践編) を追加しました。
[ブログ] PowerCMS サポートの実績 (2024年5月) を追加しました。
[新着情報] 新たなOSを採用したPowerCMSクラウドのご案内 を追加しました。

HeaderCacheControl

HeaderCacheControl

各種アプリケーション (mt-check.cgi、mt-xmlrpc.cgi は除くCGI) のレスポンスヘッダーの Cache-Control の値を設定します。運用上のセキュリティポリシーで、プロキシサーバーなどの外部サーバーにキャッシュを保持させたくないなど、キャッシュデータをコントロールしたいときに利用します。

この環境変数に指定した値は、HTTP レスポンスに記述され、管理画面のコンテンツキャッシュをどう制御するか、指定することができます。

例えば、下記のような設定をした場合

HeaderCacheControl private

と記述すると、Cache-Controle:private が指定され、ページを閲覧する個人以外にデータをキャッシュさせない(サーバーにキャッシュを残さない)ようになります。

なお、Cahce-Control は HTTP プロトコル1.1以上で有効です。Cache-Control に関する詳細は、こちらをご覧ください。
http://www.w3.org/Protocols/rfc2616/rfc2616-sec14.html#sec14.9(別ウィンドウで開く)

この設定は PowerCMS 3.14 以上で利用可能です。

使い方

HeaderCacheControl  no-cache

初期設定値

この環境変数に初期設定値はありません。

HeaderCacheControl と関連のある環境変数 (2)