PowerCMS™
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[ブログ] 「アクセシビリティの祭典2024」参加レポート を追加しました。
[ブログ] エンタープライズ検索のページ送りナビゲーションをカスタマイズする (実践編) を追加しました。
[ブログ] PowerCMS サポートの実績 (2024年5月) を追加しました。

新着情報

ホーム > 新着情報 > 新たなOSを採用したPowerCMSクラウドのご案内

新たなOSを採用したPowerCMSクラウドのご案内

PowerCMSクラウドで利用するOSをRocky Linux 9に変更します。この変更を理由とした価格の変更は行いません。

対応時期について

本日よりお申し込み受付を開始します。

既存契約環境 (1台構成プラン / 2台構成プラン) への対応

弊社からご案内の上、順次対応を行います。

既存環境は残したまま、新OSで環境を作成し、データ移行を実施します。
新環境のご確認後にDNS切り替えを行ってください。

※DNS切り替えまで並行稼働する期間の新環境とのコンテンツ差分は、ご自身で管理ください。
※並行期間は最大1か月とします。ご意向により並行期間が1か月を超える場合は、追加の月額費用を請求します。

対応するPowerCMSのバージョン

OSの更新にあたって、利用する各ミドルウェアが更新されます。
対応しているミドルウェアを理由として、利用できるPowerCMSのバージョンに制限が発生します。

PowerCMS 6の最新バージョンを提供します。

リリース時点における主なミドルウェアのバージョンは次の通りです:

  • Apache 2.4
  • Perl 5.32
  • PHP 8.2
  • MySQL 8.0
公開日
2024年6月3日
更新日
2024年6月12日