PowerCMS™
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[新着情報] PowerCMS 5.21 / 4.51 の提供を開始 を追加しました。
[新着情報] アルファサードの夏期休業について を追加しました。
[よくあるご質問] ページ分割に似た名前のファイルが削除される原因はなんですか? を追加しました。

PowerCMS ブログ

ホーム > PowerCMS ブログ > PowerCMS 6 > 指定 URL からのインポート

2022年04月18日

指定 URL からのインポート

PowerCMS 6 では、指定 URL からのインポートを行えます。これにより動的 CMS による実ファイルを持たないサイトの移行も容易に行えます。

また、タイトルや本文などを取得するオプションとして、XPath、CSS パスによる指定も行えるようになりました。これにより、ブラウザの開発者ツール等で対象を確認しながら設定することができます。

実際の利用方法をご紹介いたします。

今回は、弊社の会社概要をインポートしてみます。

url_import_options.png

URL に,インポートしたいサイトの URL を記載してください。
インポート元 URL には、ワークスペース/スペースの URL に対応するインポート元の URL を指定します。

次は、フィールドオプションに入れる値を、開発者ツールで取得します。
今回は、chrome の開発者ツールを利用します。

url_import_tool_1.png

開発者ツールの、上部にある斜め矢印をクリックし、タイトルとして取得したい箇所を選択します。
対応する HTML コードが選択された状態になるので、右クリックし[Copy]>[Copy XPath]を選択します。これで、対象の箇所の Xpath を取得できます。
CSS パス を取得する場合は、[Copy]>[Copy selector]で取得できます。

url_import_tool_2.png

今回は、タイトルは Xpath 本文は CSS パスで取得してみます。

url_import_field_option.png

まずは、PowerCMS 6 から実装されたテスト実行で登録される内容を確認します。

url_import_dry-run.png

内容が問題なければ本実行します。
※本文と追記は設定される先頭200文字のみ表示されます。

以下が本実行により登録されたウェブページです。

url_import_result_webpage2.png

本文欄、追記欄に含まれる画像を自動的に PowerCMS のアイテムとして登録されていることも確認できます。
※確認しやすいようフォーマットをリッチテキストに変更しています。

url_import_result_image.png


カテゴリー
PowerCMS 6

Recent Entries