PowerCMS™
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[よくあるご質問] フォーム投稿の自動返信メールに連番の受付番号を付与することはできますか? を追加しました。
[ブログ] PowerCMS サポートの実績 (2022年10月) を追加しました。
[新着情報] 【オンライン】11月24日(木) ステークホルダーとの信頼関係を構築できるサイトづくりとは? ~サイトでのBCP対策から情報配信のコツを一挙公開~ を追加しました。

PowerCMS ブログ

ホーム > PowerCMS ブログ > プラグイン > レンタルサーバー等でのスマートフォンオプションのテーマの適用について

2011年11月22日

レンタルサーバー等でのスマートフォンオプションのテーマの適用について

レンタルサーバー等でスマートフォンオプションのテーマを適用したブログが表示の際に500エラーを返すといったトラブルがあった際に参考にしてください。以下はhetemlの例です。

  1. スマートフォンオプションのテーマを適用したブログではブログのサイト・ルート直下に.htaccessが生成されています。.htaccessから、php_flag short_open_tag off *の記述を#でコメントアウトしてください。
  2. hetemlサーバーのPHPのバージョンを確認する必要があります。確認方法は http://heteml.jp/support/manual/php5/ をご確認ください。
  3. ご利用のhetemlサーバーのコントロールパネルにログインしてください。
  4. 右サイドのメニューにある "php.ini 設定" をクリックします。
  5. 2.でご確認いただいたPHPのバージョンのタブを開きます。
  6. short_open_tag の項目がありますのでOff に変更後、[php.iniを設定する] ボタンをクリックして保存してください。

* この設定(php_flag short_open_tag )は <? といった記述でもPHPのコードとして解釈するかどうかを設定するもので、これが有効になっていることでXML宣言がPHPコードとして解釈されてしまうのを避けるためにDynamicMTML側で.htaccessに記述を追加しているものです。サーバーのApacheの設定で、.htaccessにこの記述をすることが許可されていないサーバーではこのエラーが発生します。php.ini側で設定するか、上記のようにサーバに用意されているコントロールパネルから設定することでエラーを回避できる可能性があります。

また、同じくphp.iniで date.timezone の設定がない場合もエラーになります。この場合、 php.iniにdate.timezone = Asia/Tokyo と設定してみてください。


カテゴリー
プラグイン
技術情報

Recent Entries