PowerCMS™

RPTProcessCap

RPTProcessCap

run-periodic-tasks で同時に起動するジョブの上限値を設定します。

Proc::ProcessTable がインストールされた状態で RPTProcessCap を設定すると、「perl.*run-periodic-tasks.*」で動作しているジョブの総数を、自分自身も含めて調査します。もし総数が RPTProcessCap で設定された上限値を超えていた場合、新しく立ち上がった run-periodic-tasks のプロセスはすみやかに終了されます。

Proc::ProcessTable がインストールされていない場合、この設定値は無効となります。

設定は整数値で行います。2 から 10 程度までの設定値を推奨します。サーバー状況に応じて設定を行なって下さい。

使い方

RPTProcessCap 5

初期設定値

この環境変数に初期設定値はありません。