PowerCMS™
XMLRPC API におけるコマンド・インジェクションの脆弱性対策 (JVN#7602487) を追加しました。
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[ブログ] PowerCMS サポートの実績 (2022年8月) を追加しました。
[よくあるご質問] PowerSync 1.33 を利用して「今すぐ実行」で同期を行ってもファイル/ディレクトリが同期されない原因はなんですか? を追加しました。

EnableFlushBuffer

EnableFlushBuffer

通常、管理画面内の処理においては、サーバ側ですべての処理が終わるまでブラウザの応答待ち状態が終わりませんが、この設定を有効にすると後続処理が残っていても応答待ち状態が解除されるようになり、管理画面の体感的な応答速度が改善されます。

この環境変数は PowerCMS 5.18/4.48 以降で利用可能です。

使い方

EnableFlushBuffer 1

初期設定値

この環境変数に初期設定値はありません。

EnableFlushBuffer と関連のある環境変数 (503)