PowerCMS™
XMLRPC API におけるコマンド・インジェクションの脆弱性対策 (JVN#7602487) を追加しました。
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[よくあるご質問] PowerCMS の各データが持つ ID を任意の値に指定したり変更できますか? を追加しました。
[ブログ] PowerSync のアップデート予定についてのお知らせ を追加しました。

新着情報

ホーム > 新着情報 > Apache Log4j の脆弱性 (CVE-2021-44228) による影響について

Apache Log4j の脆弱性 (CVE-2021-44228) による影響について

Java ベースのロギングライブラリ Apache Log4j について任意のコード実行の脆弱性 (CVE-2021-44228) があることが発表されています。

PowerCMS および PowerCMS クラウドでは Java を利用していないため Apache Log4j の脆弱性 (CVE-2021-44228) の影響は受けません。

PowerCMS とは別に Apache Log4j をご利用の場合には Apache Software Foundation のアナウンスに従って対策を行ってください。

更新日
2021年12月14日