PowerCMS™
[ブログ] PowerCMS 6 でのアップデートまとめ を追加しました。
[よくあるご質問] フォーム投稿の自動返信メールに連番の受付番号を付与することはできますか? を追加しました。
[ブログ] PowerCMS サポートの実績 (2022年10月) を追加しました。
[新着情報] 【オンライン】11月24日(木) ステークホルダーとの信頼関係を構築できるサイトづくりとは? ~サイトでのBCP対策から情報配信のコツを一挙公開~ を追加しました。
ホーム > ドキュメント > PowerCMS > 5 > スタンダード版 >

こちらは旧バージョン PowerCMS 5 のマニュアルです。最新版のマニュアルにつきましては PowerCMS ドキュメント を参照してください。

ワークフローへのリビジョン機能の活用

アドオン・プラグイン

PowerCMS には自動保存されるバックアップの他に、明示的に現在の記事/ウェブページを元に修正・更新を加えて保存する (配信予約も可能)「ワークフロー」リビジョンが作成できます。この機能を活用することで、公開中の記事/ウェブページに修正を加えてワークフローに回したり、指定日に更新を予約することができます。

「ワークフロー」リビジョンを作成するには、記事/ウェブページの一覧画面でリビジョンの新規作成ボタンをクリックします。

記事のリビジョンを作成

この機能を使うことで、記事/ウェブページを公開したままの状態で公開権限のないユーザーが公開中の記事/ウェブページに修正を行って承認依頼を出したり、更新する予定の内容をあらかじめ保存したりしておくこと等が可能になります。

記事/ウェブページー一覧画面の「リビジョン」列に表示される項目は左から「ワークフローリビジョンの新規作成」「ワークフローリビジョンの次の版 (日付が一番古いもの)」「ワークフローリビジョンの数」です。次の版をクリックするとその版の編集画面に、「ワークフローリビジョンの数」をクリックするとワークフローリビジョンの一覧をダイアログで表示します。

なお、記事/ウェブページ一覧画面に表示されるリビジョンは「ワークフロー」のみで「バックアップ」リビジョンは表示されません。

記事一覧画面のリビジョン列

リビジョンを現在公開中の版と差し替える

「バックアップ」「ワークフロー」リビジョンを現在の版と差し替えるには、リビジョンの編集画面から更新状態を「公開(現バージョンと差し替え)」として「保存」するか、記事/ウェブページ一覧画面のプラグインアクションで「リビジョンのアップデート」を選択する、またリビジョン一覧画面から差し替えるといった3通りの方法があります。

リビジョンを使った差し替え1

リビジョンを使った差し替え2

リビジョンを日時指定して現在の版と差し替える

リビジョンのステータスを「日時指定」とすることにより、指定日時に現在の記事/ウェブページとの差替えを行うことができます。差替えはスケジュールタスクによって実行されます。

日時指定によるリビジョンの差し替え

公開日をずらすことで、同一の記事/ウェブページに対して複数の日時指定公開を設定することもできます。


お問い合わせ

お問い合わせフォームがご利用できない場合は、以下のメールアドレスからも受け付けております。
contact@alfasado.jp

製品資料ダウンロード

パンフレットデータ、提案用資料などがダウンロードできます。