インポート&エクスポート

  • 
        スタンダード版
  • 
        プロフェッショナル版
  • 
        エンタープライズ版
  • 
        PowerCMS+MTA

カスタムオブジェクト、ブログ記事 / ウェブページ、カテゴリ / フォルダ、アイテム、カスタムフィールド、ユーザーの CSV インポート・エクスポートが可能。ブログ記事インポート時にカテゴリ(階層つき)を同時に生成して自動的に配下のブログ記事にすることもできます。

CSV や TSV(Tab Separated Value)からブログ記事やウェブページ、カテゴリーのインポートができるため、データ投入のマスタ(CSV・TSV)作成は Microsoft Excel や Apache OpenOffice、LibreOffice で行えます。階層を持ったカテゴリーの一括登録やカスタムフィールドを含むブログ記事の登録にも対応。アイテム(Asset)の一括登録も可能です。マスタデータを作成したら、コーヒーを飲みながらデータが登録されるのを待ちましょう。

多彩なインポートフォーマット

独自の3種類のインポートフォーマットをサポート。ブログ記事やウェブページ、カテゴリーの初期データの投入が簡単、迅速に行えます。また、PowerCMS で拡張したブログ記事やウェブページ、テンプレートのデータは独自形式でエクスポート&インポート可能。Movable Type 標準ではサポートしていない階層付きカテゴリやカスタムフィールド、ウェブページのインポートもサポートしています。

マスタの作成はスプレッドシートで

ブログ記事やウェブページ、カテゴリーの情報は Microsoft Excel 等のスプレッドシートアプリケーションで作成。CSV / TSV(Tab Separated Value)ファイルとして保存することで、インポートが可能になります (*注1)。文字コードや改行コードの自動認識もサポート。登録済みの既存ブログ記事・ウェブページを一括して再インポートすることも可能です。
*注1: CSV からのインポートには Text::CSV_XS モジュールまたは Text::CSV モジュールが必要です。TSV の場合は特別なモジュールは必要ありません。

ページの先頭へ