新着情報

Movable Type 6.2.2 に対応し、新たに AdvancedEditor を同梱した PowerCMS 4.2 の提供を開始

アルファサード株式会社(所在地:大阪府大阪市、代表取締役:野田 純生)は、Movable Type 6.2.2 に対応した PowerCMS 4.2 および管理画面機能を拡張する AdvancedEditor の提供を2015年12月7日より開始いたします。

※ PowerCMS 4.2 にはセキュリティに関する修正が含まれるため、アップデートを強く推奨いたします。リリースノートの内容をご確認の上アップデートを行ってください。

PowerCMS 4.2 の概要

Movable Type 6.2.2 が提供する新しいファイルアップロード UI に対応するとともに、20 を超える機能が追加されました。尚、PowerCMS 4.2 にはセキュリティに関する修正が一部含まれます。アップデートを強く推奨いたします。

AdvancedEditor プラグインによる管理画面拡張機能

PowerCMS 4.2 には、管理画面機能を拡張する AdvancedEditor プラグインを同梱いたします。このプラグインは、画像挿入ダイアログ、リッチテキストエディタの設定、記事編集画面の CSS・Javascript 制御などを任意に設定できる機能を提供します。設定にテンプレートタグを使用することができ、管理画面のカスタマイズ範囲を大幅に広げることを可能にする AdvancedEditor プラグインは、PowerCMS のすべてのエディションに同梱されます。

アイテム挿入インターフェイスの改良

テンプレート機能の強化

テンプレート編集画面に新たに「リンクされているテンプレート」ウィジェットが追加されました。インクルードモジュール間の行き来がしやすくなり、テンプレート編集・修正の作業効率がアップします。また、テンプレートにメモを付けられるようになりました。

リンクされているテンプレートウィジェット

メールマガジンでの宛名差込み機能

MailMagazine プラグインによるメールマガジン送信機能において、送信するメールにテンプレートタグによって送信先となるユーザの情報を差し込む機能が追加されました。自分自身にテスト送信することも可能です(メールマガジン機能をご利用いただくには、プロフェッショナル版以上が必要です)。

ステージ・本番環境に予約同期する際の結果通知機能

Copy2Public プラグインによるステージ・本番環境への同期機能において、日時を指定して同期を行う場合に同期結果をメール通知する機能が実装されました(ステージ・本番環境への同期機能をご利用いただくには、プロフェッショナル版以上が必要です)。

テンプレート変数を柔軟に扱うためのMTタグの強化

テンプレート変数を局所化する MTLocalVars、ハッシュを簡単にセットできる MTSetHashVars 等を提供する GetHashVarプラグインが DynamicMTMLに統合されました。また、テンプレートの DOM操作が MTタグで可能になります。

オプションサービス

お客さまにかわり、アップグレードに関連する影響など事前の調査や検証からアップグレード作業までリモートで行うアップグレードサービス(20万円)や、リモート作業による専用サーバやVPSへのPowerCMS の設置調整を代行するインストール&設定代行サービス(15万円)を提供しております。

PowerCMSに関するお問い合わせ先

※ Movable Type はシックス・アパート株式会社の商標です。
※ PowerCMS はアルファサード株式会社の商標です。

更新日
2015年12月7日

ページの先頭へ