PowerCMS™

Interop 2019 に出展します / AI によるやさしい日本語自動翻訳エンジン

PowerCMS ブログ

ホーム > PowerCMS ブログ > PowerCMS XをAWS無料枠にインストールして試してみる(1)

2019年05月29日

PowerCMS XをAWS無料枠にインストールして試してみる(1)

※ 本記事の内容は、2019/05/24 現在の内容になります。

本記事では、ディレクターが日々進化しているPowerCMS Xを、AWSの無料枠で試してみる記事を書きたいと思います。

第1回 AWSのアカウント作成からEC2を立ち上げてSSH接続するまで

  1. AWSにアクセスし無料サインアップをクリックします。

    AWSトップ画面のスクリーンショット
  2. Eメールアドレス、パスワード、AWSアカウント名を入力して「続行」をクリックします。

    AWSアカウント基本情報入力画面のスクリーンショット
  3. 必要情報を入力し「アカウントを作成し続行」をクリックします。

    AWSアカウント作成画面のスクリーンショット
  4. クレジットカード情報を入力し「送信」をクリックします。無料枠でも事前のクレジットカード登録が必須になります。

    クレジットカード情報登録画面のスクリーンショット
  5. 本人確認を行います。SMSか電話にて認証コードを受け取ります。

    本人確認画面のスクリーンショット
  6. SMSか電話にて受け取った認証コードを入力し「コードの検証」をクリックします。

    コードの検証画面のスクリーンショット
  7. 本人確認が完了しました。

    本人確認済み画面のスクリーンショット
  8. サポートプランの選択をします。ここでは、無料のベーシックプランを選択します。

    サポートプラン選択画面のスクリーンショット
  9. 登録が完了しました。コンソールにサインインします。

    登録完了画面のスクリーンショット
  10. Eメールアドレスとパスワードを入力し「サインイン」します。

    ログイン画面のスクリーンショット
  11. AWSマネジメントコンソール画面へログインできました。

    AWSマネジメントコンソール画面のスクリーンショット
  12. リージョンを「アジアパシフィック(東京)」にします。

    リージョン選択画面のスクリーンショット
  13. 「サービス」から「EC2」を選択します。

    サービスからEC2を選択する画面のスクリーンショット
  14. 「インスタンスの作成」をクリックします。

    EC2インスタンス作成画面のスクリーンショット
  15. 「Amazonマシンイメージ(AMI)を選択します。ここでは、サポートされるミドルウェアが多い「Amazon Linux AMI 2018.03.0 (HVM), SSD Volume Type」を選択しました。

    AMI選択画面のスクリーンショット
  16. インスタンスタイプを選択します。無料枠の「t2.micro」を選択します。標準の設定のままですので、「確認と作成」をクリックします。

    インスタンスタイプ選択画面のスクリーンショット
  17. インスタンス作成確認画面です。「セキュリティグループの編集」をクリックします。

    インスタンス作成確認画面のスクリーンショット
  18. セキュリティグループの設定をします。現在はSSH(ポート22)でどこからでもアクセスできる状態です。「ルールの追加」をクリックし、HTTP(ポート80)とHTTPS(ポート443)を追加します。必要に応じてIP制限を掛けてください。ここでは特に制限を掛けていない状態です。「確認と作成」をクリックして次に進みます。

    セキュリティグループ設定画面のスクリーンショット
  19. セキュリティグループが反映されました。「起動」をクリックします。

    インスタンス作成確認画面のスクリーンショット
  20. キーペアを作成します。「新しいキーペアの作成」を選択し、任意のキーペア名を指定します。「キーペアのダウンロード」からキーペアをダウンロードし、「インスタンスの作成」をクリックします。

    キーペア作成画面のスクリーンショット
  21. インスタンス作成中となります。無料枠で運用したいため、請求アラートを設定しておくと安心です。

    作成ステータス画面のスクリーンショット
  22. 無料利用枠の使用のアラートの受信にチェックを入れ、設定を保存します。

    請求アラート設定画面のスクリーンショット
  23. サービス → EC2をクリックします。

    コンソール画面のスクリーンショット
  24. 実行中のインスタンスをクリックします。

    リソース画面のスクリーンショット
  25. インスタンスの状態が「running」 ステータスチェックが「合格」になっていれば問題なく立ち上がっています。

    インスタンス状態確認画面のスクリーンショット
  26. IPv4 パブリックIPの値を控えておいてください。Elastic IPの設定を行わないとインスタンス再起動の度にIPが変わります。ここでは割愛します。

    IPアドレス確認画面のキャプチャー
  27. 先程ダウンロードした秘密鍵を使ってSSH接続します。Macの場合は、ターミナルで秘密鍵のパーミッションを変更します。

    chmod 600 ~/.ssh/***.pem
    
  28. EC2インスタンスにSSH接続します。以下のコマンドで接続してください。

    ssh -i {秘密鍵のある場所/***.pem} ec2-user@{IPv4 パブリックIP}
    
    例) ssh -i ~/.ssh/***.pem ec2-user@***.***.***.***
  29. Are you sure you want to continue connecting (yes/no)?と聞かれたら「yes」とします。
  30. 以下のロゴが出ればログイン成功です。

    EC2ログイン成功画面のスクリーンショット
  31. 次回は各サーバのインストールからPowerCMS Xのセットアップまでを書きたいと思います。

    PowerCMS X 製品デモ、試用版のお申込み

    PowerCMS Xは、「PowerCMS」のノウハウを活かして、全くゼロベースで設計・実装された新しいCMSです。 開発言語 PHP で書かれ、従来比およそ500%高速に動作し、これまでにない先進的な機能を備えています。

    現在、アルファサードでは、PowerCMS X の製品デモを積極的に実施しております。詳しい説明をご要望のお客様は、PowerCMS X のお申し込みフォームから、「製品デモのご依頼」を選択してお申し込みください。

    また、PowerCMS Xを試されたい方は、 PowerCMS X のお申し込みフォームから、「試用版のお申し込み」を選択してお申し込みください。

    バナー: PowerCMS X


カテゴリー
PowerCMS X
サイト制作全般

Recent Entries