LPO(検索キーワードによる表示分岐)

  • 
        スタンダード版
  • 
        プロフェッショナル版
  • 
        エンタープライズ版
  • 
        PowerCMS+MTA

Google や Yahoo! からの流入時に検索キーワードを判別して表示の切り替えが可能。標準のテンプレート・タグだけで分岐を行えるため、簡単に LPO を導入することができます。

MTReferralKeywords タグ

Google 検索または Bing、Yahoo! 検索、goo ウェブ検索からの流入の際に検索されたフレーズを変数 keyword にセットしてループ出力します。

<MTReferralKeywords>
    <MTIf name="__first__"><ul></MTIf>
        <li><$MTGetVar name="keyword" escape="html"$></li>
    <MTIf name="__last__"></ul></MTIf>
</MTReferralKeywords>

MTReferralKeyword タグ

Google 検索または Bing、Yahoo! 検索、goo ウェブ検索からの流入の際に検索されたフレーズを出力します。

<$MTReferralKeyword setvar="keyword"$>
<MTIf name="keyword" ne="">
<MTSearchEntries target="title" query="$keyword" lastn="10" operator="LIKE">
    <MTIf name="__first__">
    <h3>タイトルに'<$MTGetVar name="keyword" escape="html"$>'を含むブログ記事</h3>
    <ul>
    </MTIf>
        <li><a href="<$MTEntryPermalink$>"><$MTEntryTitle escape="html"$></a></li>
    <MTIf name="__last__">
    </ul>
    </MTIf>
</MTSearchEntries>
</MTIf>

highlightingsearchword モディファイア

Google 検索または Bing、Yahoo! 検索、goo ウェブ検索からの流入の際に検索されたキーワードを渡されたパラメタの class 名を付けた strong タグでマークアップします。

テンプレート

<$MTEntryBody highlightingsearchword="serach-words"$>

入力内容

~~数多くの導入実績を誇る「PowerCMS」。~~

出力内容

~~数多くの導入実績を誇る「<strong class="match-words">PowerCMS</strong>」。~~

ページの先頭へ