PowerCMS ブログ

2016年12月28日

PowerCMS 8341のインストール

PowerCMS 8341 は、Webアクセシビリティに関する規格「JIS X 8341-3」にwebサイトを準拠させるためのプラグインです。
総務省のウェブサイトで公開されている『みんなの公共サイト運用ガイドライン』の前身となった2010年度の『みんなの公共サイト運用モデル』において、国及び地方公共団体等の公的機関においては2014年度末までに JIS X 8341-3 の等級 AA に準拠とされていたこともあり、昨年から急激に販売数が伸びています。

ここでは、他のプラグインとは若干インストール方法が異なる、PowerCMS 8341 のインストールに関して説明します。

PowerCMS 8341プラグインの設置

PowerCMS 8341プラグインは、PowerCMS のみでなく、Movable Type でも利用可能なプラグインです。
ファイルの設置自体は、通常のプラグインと一緒です。
アーカイブ内の「plugins」「mt-static」「tools」以下のものを、Movable Typeインストール先の同名階層以下に配置します。

このプラグインのインストールには、DBのアップグレード処理を伴います。インストール後に管理画面CGIにアクセスしたタイミング、もしくはPSGI運用時にはプロセスのリスタート後に、アップグレード処理が走ります。

PowerCMS 8341プラグイン動作のためのコマンドラインツール設定

PowerCMS 8341プラグインは、バックエンドで wcagtester というプログラムを利用します。
インストール先OSによって利用するプログラムが異なります。このプログラムは、インストールしたプラグイン下のhelperディレクトリ内にある、OS種別ディレクトリ( Linux / Mac / Windows )内にあります。

以下はLinuxの場合のプログラム動作のチェック方法です。他のOSの場合は、ディレクトリやパスの区切りなどを置き換えて実行して下さい。(下記コード内の $MT_HOME はMovable Typeのインストールディレクトリを指します)

cd $MT_HOME/plugins/WCAGTester/helper/Linux
./wcagtester

なおLinux環境での、wcagtester には実行権限(0755等)が必要です。
またLinux環境ではライブラリとして以下が必要になります。

  • glib 2.0
  • glibc-2.11
  • libstdc++.so.6.0.13
  • libicu 4.2以降

64-bit環境のLinuxでは、32-bit版のライブラリが必要になるため、ご注意下さい。
Ubuntuの場合は、以下のようにすると32-bit版ライブラリのインストールが可能でした。

dpkg --add-architecture i386
apt-get update
apt-get install libglib2.0-0:i386
apt-get install libstdc++-4.8-dev:i386

ライブラリインストールの実行には、sudoを付けての実行か、rootに切り替える処理が必要です。

wcagtester の実行で以下のメッセージが表示されれば、ライブラリのインストール・設定が完了しています。

usage: wcagtester \#000000 \#FFFFFF
wcagtester -Hex \#000000 \#Ffffff
wcagtester -Picture /path/to/image.png
wcagtester -Picture /path/to/image.png -type JSON
wcagtester -Picture /path/to/image.png -pixelx [pixel x]] -pixely [pixel y] (print hex string)
wcagtester -Picture /path/to/image.png -bx [background pixel x] -by [background pixel y] -fx [foreground pixel x] -fy [foreground pixel y]
wcagtester -Picture /path/to/image.gif -isAnimated?
wcagtester -Tidy /path/to/source.html
wcagtester -Tidy /path/to/source.html -type JSON
wcagtester -Tidy /path/to/source.html -type JSON -mode XHTML

Linuxではライブラリが足りない時に出るメッセージが「No such file or directory」だったので、メッセージに騙されないようにしましょう。(参考)

PowerCMS 8341プラグインのインストール操作

事前準備は完了しましたので、最後にセットアップスクリプトを実行して、インストールが完了します。

cd $MT_HOME && perl tools/wcagtester-setup --debug 1

まずはデバッグモードで状態を確認してみます。上記の実行結果、URLの一覧が表示後に下のようなメッセージが表示されるかをご確認下さい。(XXは実際には数字です。)

XX url and XX Entries(Pages) were found.
You are ready to proceed with the installation of WCAGTester.

問題ないようであれば、セットアップを実行します。

cd $MT_HOME && perl tools/wcagtester-setup

上記実行で、URLの処理が表示された後で、以下のメッセージが出ればインストール作業は完了となります。

WCAGTester set up successfully.

後はプラグイン設定で、各種設定を行いご利用を開始して下さい。

最後に

弊社では、JIS X 8341-3準拠を支援する 各種サポートサービス も提供しています。 お困りのことがあれば、お気軽にご相談下さい。

弊社も本日で年内の営業を終了いたします。年明けは4日より営業となっております。本記事が2016年最後のエントリーとなります。
2017年が皆様にとって良い年となりますように。

カテゴリー
PowerCMS 8341
技術情報

ページの先頭へ