PowerCMS ブログ

2014年11月27日

PowerCMS 8341 その5 〜JIS X 8341-3:2010 AA適合へのフロー〜

引き続き、PowerCMS 8341の機械チェックによる JIS X 8341-3:2010 検証についてご紹介します。

記事/ウェブページ編集画面からの検証

PowerCMS 8341 が有効な状態で記事/ウェブページの作成・編集画面にアクセスします。右サイドバーの「公開」ウィジェットに検証ツールが表示されます。

尚、記事/ウェブページから検証を行う場合、検証はプラグイン設定で指定されたテンプレートまたは指定した開始点、終了点の間のHTMLに対して行われます

  • ページ全体を検証するチェックボックスは、プラグイン設定で有効にした場合のみ表示されます。
  • 記事/ウェブページを保存した後に(記事/ウェブページにIDが発行された後に)検証することで検証の結果やメモをデータベースに保存できるようになります。

プラグイン有効時のウェブページの編集画面

JIS X 8341-3:2010 検証は2段階で実施します。

  • 別ウィンドウを新たに開きます。
  • テスト用テンプレートを再構築(ビルド)した結果のHTMLを評価します(ページ全体を検証する、がチェックされている場合は、ウェブページ/記事テンプレートを元に再構築(ビルド)した結果の HTML を評価します。
  • 評価項目毎に「適合」「N/A(対象外または対象となる項目なし)」「警告」「不適合」「確認」のいずれかを判定して結果を表示します。
  • 「適合」「N/A(対象外または対象となる項目なし)」の項目についてはチェックボックスにチェックが付いた状態で表示されます。
  • この時、リンク評価、画像評価、画像アイテム毎のチェックがすでに行われている場合、これらの評価結果を反映した状態で結果が表示されます。
  • 「確認」「警告」「不適合」項目について、目視チェック等人の手による評価を行い、問題のない項目(適合している項目)にはチェックを入れます。
  • 「適合基準チェックリスト」をクリックして、チェックリストを表示します。
JIS X 8341-3:2010テストの検証結果
  • ページの評価結果ですべてにチェックが付いている項目については「適合」もしくは「N/A」となります。
  • 各項目には備考欄があり、項目毎のメモを保存することができます。また、チェックの付いていない項目について、適合が確認できたものは手動でチェックを入れることができます。
  • チェックリスト全体に対するメモを記述する欄があります。このメモは記事/ウェブページの一覧画面からも確認することが可能です。
  • すべてのチェックが終ったら「検証結果を保存」ボタンをクリックして、検証結果を保存します。CSVファイル形式でレポートをダウンロードすることもできます。
JIS X 8341-3:2010(AA)検証結果(チェックリスト)の表示

記事/ウェブページ一覧画面からの検証結果の確認と再検証

記事/ウェブページの一覧画面から、各種検証結果の一覧確認や再検証を行うことができます。表示するカラムについては、MT 標準の「表示オプション」で項目を指定してください。また、MT のリスティングフレームワークを利用して検証結果毎のフィルタリングや、ページで利用している HTMLタグによるリストの絞り込みが可能です。

ウェブページの一覧画面
  • 各項目のチェックマーク(画像)をクリックすると、別ウィンドウを開いてテストを実行します。
  • 各項目が「適合」「不適合」の時、テキストをクリックすると別ウィンドウを開いて検証結果を表示します。

一覧画面からのアクション
  • 「HTMLタグ」カラムには、テスト用テンプレートに含まれる HTMLタグがカンマ区切りで格納されます。特定の HTMLタグを利用しているページをフィルタリングするには、このカラムを対象にフィルタを指定してください。
画像を含むページのフィルタ指定

ページ単位での JIS X 8341-3:2010 検証

PowerCMS 8341 が有効な状態では、左メニューに「JIS X 8341-3:2010検証」メニューが表示されます(権限を付与されたユーザーのみ)。ここから、記事/ウェブページ以外のテンプレートから出力されたページ(インデックステンプレートやカテゴリーアーカイブ、日付アーカイブ等)のページ単位でテストを実施できます。実施できるテストの内容と結果については、記事/ウェブページで行えるチェック内容・結果と同様です。

JIS X 8341-3:2010 検証の管理(一覧画面)

JIS X 8341-3:2010検証の一覧画面からのテストの実行は一覧画面の各カラムのアイコンからのみ実行できます。

JIS X 8341-3:2010 検証の管理画面からのテストの実行

記事/ウェブページの管理画面からテストした結果を「JIS X 8341-3:2010検証」の一覧の該当URLにマージする設定になっている時、記事/ウェブページの検証をこの画面から行うことはできません。ページの URL に併記されているアイコン(鉛筆アイコン)から記事/ウェブページの編集画面に遷移できるので、記事/ウェブページの編集画面または一覧画面からテスト・検証を行ってください。

JIS X 8341-3:2010 検証の管理画面から記事の検証を行うことはできません

一覧画面で複数ページをまとめて操作する

複数ページの一括検証

JIS X 8341-3:2010 検証 または記事/ウェブページの一覧から複数のページを指定して、一括検証することができます。

  • 既に検証済みのページはスキップされます
  • 目視による確認が必要な項目があるため、一括検証で適合になることはありません(対象外項目の設定による)。
  • 大量のページを検査するとサーバータイムアウトになる可能性があります。その場合、コマンドラインツールによる一括検証を行ってください。
一覧ページからの一括検証

コマンドラインツールによる一括検証

コマンドラインツールを利用して、CMS配下のすべてのページを一括検証することができます。

cd /path/to/mt
perl tools/wcagtester-batch-tester [--overwrite 1 --debug 1 --silent 1 --interval (秒) --blog_ids 1,2...]
  • 既に検証済みのページはスキップされます
  • --overwrite 1 オプションを付けて実行した場合、検証済みのページも再度検証して結果を上書きします。
  • --debug 1 オプションを付けて実行した場合、結果を保存せずに標準出力に結果を出力します。
  • --blog_ids オプションに対象のウェブサイト/ブログのIDをカンマ区切りで指定して実行した場合、対象ウェブサイト/ブログのアーカイブを対象に検証を行います。
  • --interval オプションに秒数を指定して実行した場合、ページの検証後に間隔をあけて検証を実行します。
  • 目視による確認が必要な項目があるため、一括検証で適合になることはありません(対象外項目の設定による)。
カテゴリー
PowerCMS 4
PowerCMS 8341

ページの先頭へ